読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sinatra-formkeeperで2つの入力内容が異なることをvalidateする

最近業務で、とあるwebツールを作っており、いわゆる入力画面が必要になった。

今回はRubyのプロジェクトだったので、アプリケーション自体はsinatra
そのvalidatorとしてlyokatoさんのsinatra-formkeeper を使った。

これが大変便利!
さすがFormvalidator::Simpleを作っただけあって、
必要なものは揃っているし、使い方も上述のblogエントリを読めば、ほぼわかる。

ただ、「 入力値A入力値B が異なること」ということをしたい場合にこれをvalidateする機構がなかった。
今回はこれがピンポイントで欲しい機能だったのでサクっとPRを投げて、取り込んでもらった。

github.com

Validatorとしてのコア機能はformkeeperに切り出されているので、PR自体はそちらに対してのものになっている。

さっそくmergeしてもらい、rubygemsからも拾えるようになった。
使い方はこんな感じ。
テストも合わせて貼っておきます。

gist.github.com

実装自体は99%が既存の機能である same のパクリ。
same は上述のブログ例に書かれている通り、パスワード確認の時などに用いられるでしょう。
対して今回の diff は例えば登録しているメールアドレスの更新や、パスワードの定期更新などに用いられる事を想定してます。
(※ パスワードを定期的に更新するセキュリティポリシーとその運用の是非についてはここでは言及しません)

まぁ、今回の業務ではそのどちらでもないケースで必要になったパッチ送ったのですがw
なので、きっと他でも有用なところがある(かもしれない)!

繰り返しになるけど、sinatra-formkeeper 自体がそもそも便利なので、
まとめとしてはそれが便利ということが伝われば良しです。